小児歯科・妊婦さんの治療

お子さんとプレママこそ重要な
お口ケア
~小児歯科・妊婦さんの治療~

JR埼京線戸田公園駅周辺は住宅街が広がっており、若いファミリー層が多く暮らすエリアです。赤羽歯科「戸田診療所」では、そうした地域の特性を踏まえ、小児歯科や妊婦さんの治療にも力を入れています。お口の健康状態が乱れやすい小さなお子さんやプレママにも安心して通っていただけます。お子さんが小さい時期や妊娠時はその後の健康のためにも重要な時期なので、お困りのことがあれば当院までご相談ください。

小児歯科 ~子どもの歯を守りたい~

子どものころから治療を受けるメリット

子どものころから治療を受けるメリット

歯は一生大事にすべき体のパーツだと言えます。お子さんの時期はもちろん大人になってからも大切な歯を守り健康な状態を保つためには、小さいころからきちんと歯科診療を受けることが重要です。幼少期から正しい歯科の習慣を身につけられるよう、親御さんがお子さんを導いてあげましょう。

  1. 歯科医院に対する苦手意識を感じない
  2. 定期検診が習慣化して大人になってからも予防ケアを積極的に受けられる
  3. 上手なブラッシングの仕方を身につけられる
  4. 虫歯予防の大切さを知ることができる
  5. 定期的に歯科医院に受診することで、その時々の成長に合わせた口腔内管理ができる
  6. 顎や歯の正しい発育を導くことができる

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

大人でも歯科医院に苦手意識があり、「歯が痛くなるまで歯医者には行かない」という人は少なくありません。しかし、一度歯医者嫌いになってしまうと歯科医院への足が遠のき、適切な予防ケアや検診が受けられないため虫歯や歯周病のリスクは高まります。お子さんを歯医者嫌いにさせないためには、親御さんに少し気をつけていただきたいことがあります。以下のポイントを押さえて、お子さんが上手に歯医者と向き合えるようサポートをお願いします。


怖いイメージを与えない

「歯医者=痛い・怖いところ」という先入観を植えつけないようにしましょう。「虫歯をやっつけるところ」など、歯医者に行く意味を分かりやすく伝えてあげましょう。

安易なウソを付かない

「痛くない」「歯を診るだけ」と言わないようにしましょう。お口の状態によっては治療を行うこともあり、その場合、お子さんにウソをつくことになってしまいます。

予約は機嫌の良い時間帯に

お腹が空いている時やお昼寝の時間は予約を取るのを控えてください。機嫌の良い時に診察できるようにしましょう。

親御さんがリラックスする

親御さんの緊張はお子さんに伝わってしまうものです。まずは親御さんがリラックスし、キッズスペースなどに誘導して楽しく過ごせるように促しましょう。

治療中に「痛い?」と聞かない

「痛い」という言葉が引き金になり、それまで我慢していたお子さんが泣き出してしまうことがあります。少しでも安心できるよう、「大丈夫だよ」とやさしく声をかけてあげてください。

治療後は褒めてあげる

治療後はたくさん褒めてあげてください。また、帰宅後は家族の方に治療を頑張ったことを伝え、家族の方にも褒めてもらうようにしましょう。

お子さんが通院を楽しむための
当院の取り組み

当院では、お子さんが楽しんで来られる歯科医院を目指し、さまざまな取り組みを行っています。

キッズスペースの設置
キッズスペースの設置

キッズスペースには、たくさんのおもちゃやぬいぐるみ、アニメが流れるDVDモニターを置き、お子さんが楽しい時間を過ごせるようにしています。「歯医者=楽しく遊べるところ」というイメージを持ってもらえる工夫を施しています。


お子さんに合わせたやさしい治療
お子さんに合わせたやさしい治療

お子さんの様子を見ながら、お子さんのペースに合わせて治療を行っています。無理やり治療を進めることは決してしませんので、どうぞご安心ください。治療を頑張ったお子さんには折り紙のプレゼントをして、治療の達成感を持ってもらえるようにしています。


口腔内の成長を見守る「かばさん手帳」
口腔内の成長を見守る「かばさん手帳」

口腔内の発達段階にあるお子さんには「かばさん手帳」をお渡ししています。診察時毎回、口腔内の状態を記載することでお子さんの口腔内の成長具合が分かります。来院時に押すスタンプカードが貯まれば「歯みがきセット」をプレゼント! 親御さんと二人三脚でお子さんの口腔内の成長を見守っていきたいと考えていますので、もし気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

妊婦さんの治療
~生まれてくる子どものために~

妊娠時は口腔内環境が変わりやすく
虫歯になりやすい時期

妊娠時は口腔内環境が変わりやすく>虫歯になりやすい時期”>
<p>唾液には自浄作用があり、細菌の繁殖を妨げますが、妊娠中はその作用が弱くなるため虫歯や歯周病に罹りやすくなります。また、個人差はありますが、つわりでブラッシングが十分にできないこともあり、それが口腔内環境の悪化につながります。</p>
<p>このように、妊娠中はいつも以上に口腔内環境が悪化しやすい時期であり、お腹が大きくなる妊娠後期には来院するのも一苦労です。気になる症状があるなら妊娠初期から安定期の時期に早めにご相談ください。また、妊娠を考えている方は、日ごろから歯医者さんで適切なケアを受けて、健康な口腔内環境を保っておきましょう。</p>

<h4>口腔内環境が変わりやすく虫歯に<br class=なりやすい時期です 口腔内環境が変わりやすく虫歯になりやすい時期です

唾液には口腔内の細菌を殺す自浄作用がありますが、妊娠中はその作用が弱くなり虫歯や歯周病が起こりやすくなります。また個人差はありますが、つわりでブラッシングが十分にできないこともあり、それが口腔内環境の悪化につながります。

このように、妊娠中はいつも以上に口腔内環境が悪化しやすい時期であり、お腹が大きくなる妊娠後期には来院するのも一苦労となります。気になる症状があるなら妊娠初期から安定期の時期に早めにご相談ください。また、妊娠を考えている方は、日ごろから歯医者さんで適切なケアを受けて、健康な口腔内環境を保っておきましょう。

妊婦さんの歯周病は赤ちゃんにも悪影響!?

妊婦さんの歯周病は赤ちゃんにも悪影響!?

世界各国で歯周病と早産・早期低体重児出産の関係性が報告されており、歯周病にかかっている妊婦さんは、そうでない人に比べ早産や早期低体重児出産のリスクは7.5倍とも言われています。すなわち歯周病は、生まれてくる赤ちゃんにとって悪影響をおよぼすリスクが高く、歯周病はきちんと治療をしておくことが重要です。「歯ぐきが腫れている」「歯ぐきから出血する」「歯がグラグラする」といった症状は歯周病の恐れがありますので、もし気になる症状があるなら早めに治療しておきましょう。

妊婦さんの体調に合わせた治療を行います

妊婦さんの体調に合わせた治療を行います

当院では、妊娠中の方に対しての歯科診療にも対応しています。妊娠中の方は診療のご予約の際にその旨をお伝えください。また、ご来院時には母子手帳のご提示もお願いします。治療は基本的に安定期の時期に行っており、妊婦さんの体調に合わせて無理のない範囲で進めています。気分が悪くなった時などは遠慮なくお知らせください。

また、妊娠中でも口腔内の状態や痛みなどの症状によっては、レントゲン撮影や麻酔を使用した治療を行ったほうが良いケースもあります。その場合には事前にきちんと説明し、よくご相談しながら進めていき、患者さんはもちろんのことお腹の赤ちゃんにも影響のない範囲で行うのでご安心ください。