インプラント治療・入れ歯

精度の高い補綴物による治療
~インプラント・入れ歯の治療~

事故や病気によって歯を失ってしまうことはありますが、その場合は放置するのではなく、歯の機能を補う補綴(ほてつ)治療を受けましょう。赤羽歯科「戸田診療所」では補綴治療として、インプラントと入れ歯を案内しています。当院では、長期的に安心してお使いいただけるよう、高精度のインプラント治療や入れ歯治療を実現。歯がないままにするのではなく、お口の機能性・審美性向上のためにも、当院でインプラントあるいは入れ歯の治療を受けることをおすすめします。

インプラント治療 ~歯が抜けた~

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療は、失ってしまった歯の代わりに、インプラント体(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を被せて噛み合わせを回復させる治療です。自然な噛み心地と見た目が得られることから、近年多くの方に選ばれています。

メリット
  1. ブリッジや入れ歯とは異なり、周囲の健康な歯に悪影響を与えない
  2. 自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触がよく分かる
  3. 自然で美しい見た目が得られる
  4. 顎の骨の状態さえ良ければ、埋め込む歯の位置や本数に制限がない
  5. 顎の骨に力が加わるので、顎の骨がやせることがない
デメリット
  1. 費用が高価になる
  2. 外科手術が必要になる
  3. 糖尿病などの持病がある場合、治療が難しいことがある

インプラントの治療費について

インプラントの治療費について

インプラント治療は自費診療になります。そのため歯科医院によって治療費は異なります。費用が異なる理由はいくつか考えられますが、インプラント治療に使用する材料のメーカーや品質の違いや、医師の治療費用の設定額の違いなどが挙げられます。

安価な材料を使い治療費を安く設定している医院を選べば、費用を低く抑えられるでしょう。しかし、ご自身のお口の中に入れて日々の生活を送るだけに、安さだけで選ぶのは危険です。事前によく歯科医師と相談し、費用についても細かく説明を受けたうえで、確かな治療技術を持っている信頼できる医師のもとで納得のいくインプラント治療を受けるようにしましょう。

高精度の治療を実現するために

当院では、精鋭メンバーによるチーム体制で治療を行っています。精密な診査・診断のうえで、安全性の高い高精度のインプラント治療を実現しています。

歯科用CTによる正確な診査・診断
歯科用CTによる正確な診査・診断

歯科用CTは口腔内の立体的な画像を得ることができ、インプラントを埋入する角度や深さ、血管や神経の位置も確認できます。これにより、正確な診断・治療計画の立案につながります。


大口式インプラントシステムを採用
大口式インプラントシステムを採用

大口式インプラントシステムの大きな特徴は、インプラント体を埋め込む際に顎の骨をドリルで削らないという点です。従来のインプラント術式は顎の骨を削りとるため、骨量が少ないとインプラント治療ができませんでした。しかし、大口式インプラントシステムは骨表面にわずかな穴を空け、専用器具で少しずつ穴を広げてインプラントを埋入する方法です。骨を削らないため出血や痛み、術後の腫れが少なく、体への負担を軽減できます。また、骨をドリルで削る際の不快な音や振動も少ないため、安心して治療を受けられます。


信頼できるストローマンのインプラントを使用

ストローマンは、世界シェアNo.1のインプラント専門メーカーです。世界的な地位を確立している信頼性の高いメーカーであり、安心してお口に使うことができます。

入れ歯 ~入れ歯が合わない・痛い~

満足していただける入れ歯を作るために

満足していただける入れ歯を作るために

「患者さんのお口にとってもっとも良い入れ歯は何なのか」。あるいは「入れ歯以外の選択肢のほうが良いのではないのか」。残っている歯の健康を損なわず長期的に口腔内の健康を保つために、当院では入れ歯治療にこだわらずあらゆる治療の選択肢の中から、患者さんにとって最良の方法を考え提案しています。


満足していただける入れ歯を作るために

当院では、保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯のいずれにも対応しており、保険診療の入れ歯でも安定感のある噛み心地を追求しています。法人グループ内の入れ歯づくり専門の歯科技工士と密に連携をとり、お口全体の噛み合わせを十分に考慮した患者さんのお口にぴったりの精巧な入れ歯を作製します。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯には保険診療の範囲内で作製できる入れ歯と、自費診療の入れ歯があります。どの入れ歯を作製するかは患者さんとご相談しながら決めますので、まずはご要望をお気軽にお聞かせください。

保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材・構造 レジン(歯科用プラスチック)に限られる さまざまな素材を使うことができ、薄く作るなど構造も選ぶことができる
見た目 入れ歯だと分かりやすい 見た目が自然で気づかれにくい
費用 比較的安価 比較的高価
使い心地 慣れるまで痛みや違和感が出ることがある しっかり噛めて、違和感が少ない
修理 簡単にできる 素材によっては修理ができない

取り扱い入れ歯(自費)の種類の一例

金属床義歯

歯肉に当たる床の部分が、金属(ゴールド、コバルト、チタン)でできた入れ歯です。薄くて軽いため装着感が良く、食べ物の温度を実感できます。また、耐久性が高く、衛生的な点も特長です。


コーヌステレスコープ義歯

支えとなる歯に内冠を被せ、義歯の内側にある外冠と組み合わせることで装着する義歯です。内冠と外冠を合わせた際の摩擦力によってお口の中を固定します。まるで茶筒のように引っかかりがあるわけではないのにしっかり密着する原理と同様で、お口の中でしっかり義歯を固定することができます。外見的にも機能的にも非常に優れた義歯です。


マグネット式義歯

重度化した虫歯によって根元しか残っていない歯根に対して支えとなる金属(キーパー)を入れ、セットした小さいマグネット(磁石)によって固定させるタイプの義歯です。強力な磁力によって張りついているので義歯がガタついたり、ズレたりする心配が少なくすみます。磁力の強さは調節できるので、部分義歯だけでなく総義歯にも適用できます。また、装着・取り外しも簡単でお手入れもしやすい点も特徴です。


ノンクラスプデンチャー

他の部分床のように周りの歯に義歯を安定させるための金属のバネを使用しない義歯です。審美性に優れています。